回収できるか不安だ

取引先が売掛金をなかなか支払ってくれないという状況に陥った時、経営者の人は自分の会社や取引先との今後の関係についてなど様々な苦悩を抱えるでしょう。通常の業務に加えて売掛金の回収は長期戦になると気力や体力も必要になってくるため疲弊してしまうこともあります。書類を作成して督促したり、調停や裁判となると更に労力が必要になります。

中には契約書が無く、口約束だけなので回収はできないのではないかと悩み人や、どうやって売掛金を回収したらいいのかわからないといった人もいるかと思います。このようなケースでも、弁護士に相談をすることで、状況に適した対応をアドバイスしてもらうことができます。

また、今後もあるため取引先との関係をできるだけ壊したくない、交渉をしたくても相手がどんな反応を示すのか怖いといった場合でも弁護士が間に入ることで円滑に物事を進めることも可能です。

売掛金に関するトラブルも様々なケースがあり、それによって適した対応方法が変わってきます。自分だけではどういう行動に出たら良いのかわからなくても、弁護士に相談することで解決に一歩近づける方法が見つかるかもしれません。最初から難しいのではないかと諦めるのではなく、まずは一度無料の相談などを利用して話してみることから始めてみましょう。