悩んだら早めの相談を

売掛金の回収についての相談は、できるだけ早い時期にしておくことが肝心です。これは、支払う相手の経済状況が時間の経過と共に悪化してしまう可能性が高くなるためです。経済状況が悪化していくと、他の会社にも同様の支払がある場合、他社への支払を優先されてしまったり、支払ができない状態にまで悪化すると取れる手段も限られてきてしまうからです。

相手の企業との関係を考えて、支払期限が過ぎても未払いのままでいてもつい期限の延長を了承してしまったり、すぐに払えないから分割払いにしてほしいといったお願いをきいてしまうことがあります。しかし、一度や二度はそれで支払ってもらうことができても、その後再び払ってもらえないという可能性もあります。

こうした事態になる前に、支払期限になっても相手が売掛金の支払いに応じてくれない場合は一度相談だけでも弁護士にしておいたほうがいいでしょう。

弁護士に相談をすることで、素早く適切な回収方法をアドバイスしてもらうことができます。相手の支払い能力や、支払に応じる意思の有無、依頼者の希望などをヒアリングして適切な方法を導いてくれます。また、内容証明郵便などの書類の書き方がわからない場合や、所定の手続きで生じる疑問や質問などがあればこの機会に聞いてみると良いでしょう。

≪参照サイト≫弁護士法人アディーレ法律事務所…売掛金回収相談