売掛金問題は弁護士に

会社を経営している人にとって、売掛金が回収できないというトラブルは決して珍しいものではありません。催促の電話をしたり、話し合いの場を設けても上手くかわされてしまったり、逃げられてしまうこともあります。個人間でのお金の問題であれば、数万円から数十万円程度で済む場合もありますが、企業同士の取引となると何百万単位でのお金が動く為、支払ってもらわないと会社の経営事態にも大きく影響を及ぼすことも考えられます。

相手が支払うことができない様々な事情がある場合もありますが、中には支払い能力があるにも関わらず、いつまで経っても支払わないという悪質なケースもあります。こうした業者の場合、どのような話し合いを行ったところで話しは平行線を辿るばかりで売掛金の回収にまで至りません。このような態度を取り続ける業者には、弁護士を介した対応が功を奏する場合があります。例えば、内容証明郵便には法的な強制力はありませんが、会社の名義で送付するよりも弁護士名義で送られたものの方が、バックに弁護士が付いていることがわかるためより相手に大きなプレッシャーを与えることができます。このまましらばっくれていると裁判になるかもしれないと感じ、相手が支払いに応じてくれるケースもみられます。

一口に売掛金の回収と言っても、金額や相手の支払い能力など様々なケースがあるためそれに合う方法で対処していく必要があります。当サイトでは売掛金に関する様々な悩みや弁護士に相談できることなどを紹介します。